◆   ◆   ◆   ◆   ◆

    昔々 あるところに

    寂れた古城がありました。



    内部は 迷宮になっており

    人ではないモノが 住んでおり

    足を踏み入れたものは 戻ってこれないと 言われておりました



    しかし、最上階まで上りきり 城主に会えば

    どんな願いでも叶えてくれると伝えられていました





    今日も、古城に向かう人影が 一人

    彼女の背中には 大きな柩<ヒツギ>が担がれていました




    ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

    *